アニエス復活!(薬で)
    2005年 03月 15日
ご心配をおかけしています、アニエスですがその後、短期間の入院をし薬も増やしたおかげで今は元気に過ごしています。
本人も体調がよく気分爽快なのか、呼ぶと小走りでよってきます。地球は自分中心で回っている、っていうくらいご機嫌です。

今日も、ポクポク変わった鳴き方で元気に吠えています。

大竹
# by roukengenki | 2005-03-15 11:26
お散歩
    2005年 03月 12日
今日は大知が担当です。この頃のライちゃんは青の広場にお散歩に行きたがります。
天気の良い午後はドアの前に行って出たそうにしています。                                               そんなお散歩してるときもいろんな犬たちに会います。
このあいだはナポリタンマスチフのカーラに会いました。歳が10以上も違う二人。
ライちゃんは今年の4月で12才カーラは1才です。思わず持っていたカメラで撮ってしまいました。(笑)次のお散歩では誰に会うかな?(^_^)
b0042056_1954640.jpg

# by roukengenki | 2005-03-12 19:54
アニエス、元気なくなる・・・
    2005年 03月 06日
 最近のアニエスは、元気がありません。
 大学病院で処方された薬が効きすぎてしまい、治ったのを通り越して、本来の病気と逆の状態になってしまったのです。そのため新しい薬を飲みだしたのですが、胃が荒れてしまうようで食欲のない日が多くなりました。
 ただ、肌の状態はよくなってきました。肌がかさかさしているところはコラーゲンの入った薬を塗っています。(・・・・私も塗りたいなぁと思ってしまいました。)

大竹
# by roukengenki | 2005-03-06 23:41
めざせ!Out door
    2005年 03月 02日
こんにちは。春の気配を少し感じはじめましたが、まだまだ寒い毎日です。
そのため、クロピ―おばあちゃんは、めっきりin door派になってしまっていました。なので、晴天の時はできるだけ外で日光浴をさせるようにしています。外に連れ出す時は、かなり億劫そうにしていますが、ブラッシングをしながら日光浴をさせると、とても気持ち良さそうにしています。
そんな様子で、近頃は日光浴を楽しみだしているクロピ―おばあちゃんです。
先週お知らせしたクロピーの写真はしばらくお待ち下さい。           
                                                       植山

b0042056_1817053.jpg

お待たせいたしました。"クロピーとその仲間達です" (手前から クロピー.アニエス・ライちゃん)
# by roukengenki | 2005-03-02 22:11
ライちゃんの体重
    2005年 02月 16日
今週は大知がお届けします。
ライちゃんの体重は6.0kgです。
何故、体重の話をしたかと言いますと、
ライちゃんは老齢の為心臓が悪くなっています。
前は疲れたりしてしまうとすぐにかすれるような声で「は〜は〜」という息づかいが「ひゃい〜ひゃい〜」とよく言っていました。今もお散歩後や爪切りや毛をカットしてあげた後に言います。
今は薬を飲んでいるのでしょっちゅうは言わなくなりました。そんなことで心臓に負担をかけない為に体重は今の6.0kg以上は増やしてはいけないのです。
先生に5.8kgまで落とそうね。と言われています。ごはんをカロリーの低いもので、回数を朝、夕の2回にしてなるべくお天気が良い日は暖かいときに園の青の広場をお散歩しています。もしみなさんが遊びにこられて会えたら声を掛けて下さいネ。
# by roukengenki | 2005-02-16 19:47
アニエス、病院へ行く
    2005年 02月 14日

こんにちは、大竹です。
今回も、アニエスについてお伝えします。
1月の末に大学病院に行ってきたのですが、アニエスの病気の原因はストレスにありました。ですから、そのストレスを取り除くことができれば症状は改善するとのことでした。
以前よくてんかんを起こす子が王国にいたのですが、ある家庭に引き取られたあとは改善したそうです。
今、私はアニエスの名前をよく呼ぶようにしています。「あなたにはちゃんと気にしてる人がいるよ」ということが伝わって、少しでもストレスが減ってくれればよいのですが・・・・・って、なんでアニエス、私がよぶと植山の方を向くの~!?

まだまだアニエスの心のうちが読めない私です。

↓この写真は1月に11歳になったラークです。まだまだ耳も目も元気で甘えん坊で食いしん坊さんです。
b0042056_23403369.jpg

# by roukengenki | 2005-02-14 00:08
はじめまして。
    2005年 02月 07日
  はじめまして。こんにちわ。グットライフの植山です。   
 私は、これからクロピ-のことを主に紹介させていただきたいと思います。
 今日は、初めてのブログということなのでクロピーの自己紹介を少しさせていただきます。  
グットライフでは、いちばんの年上のおばあちゃんです。
脚が少し弱くなってしまいましたが、まだまだ若い犬たちには負けていない威勢のいい、おばあちゃんです。そして、なによりお客さんやスタッフの輪に入って過ごすことが大好きなので、グットライフに遊びにきたときには 「クロピー元気~?」と声をかけてあげて下さいね! 
次回は‘クロpーとその仲間達‘の写真をお届けしたいと思います。お楽しみに!  
                                                       植山
# by roukengenki | 2005-02-07 17:10
これからよろしくね、ライちゃん。
    2005年 01月 30日
今週は大竹に続き、大知が担当します。私は主にウエストハイランドホワイトテリアの
ライちゃんをご紹介していきます。歳は11才、耳も遠いです。散歩は我が道を行く!です。
耳が遠いですが、ときどきよく聞こえてるのかな?と思う事があります。散歩の時に、
「ライちゃん帰るよ。」と言うとちゃんと後ろを付いて来てくれています。そんなかわいい
ライちゃんに是非会いに来て下さいね。だいち。
b0042056_22224283.jpg

# by roukengenki | 2005-01-30 22:22
アニエスごめんね。
    2005年 01月 22日
こんにちは、大竹です。
前に告知したようにグッドライフの老犬の紹介をしたいと思います。
私は主にアニエスのことをお伝えしようと思います。

フレンチブルドッグのアニエスは、 いろいろな病気をわずらっています。(今度大学病院に行く予定ですので、病気についてまた報告できたらと思います。)
病気のせいで、あまり毛が生えていなかったり、皮膚に吹き出物がすぐ出来たり、多飲多尿であったりします。また、体温調節もうまくできないのでよく震えています。
寒がってるアニエスにはいつも服を着せているのですが、暑いときもあり蒸れて皮膚がぐじゅぐじゅになってしまいました。
本当はすぐに気づかなければいけないのに、アニエスには悪いことをしてしまいました。病気の犬には本当に気を使って日々の様子を見てあげなければと思いました。

                                        大竹
# by roukengenki | 2005-01-22 21:55
今年は…。
    2005年 01月 10日
新しい年になり、今年の私の目標などを考えてみているのですがなかなか思いつかない…。毎年それなりに考えてかなり気合いがはいるのですが、いつも目標を達成どころか維持さえ出来ないと言うダメダメな私なので今年はどうしようかなー。などと、はやくもやる気のなささが出て来てしまっているのであります…。う〜ん。決まらない…。今年もこんな感じで始まってしまった…。
さて、2005年のGood Life館は雪かきに始まりました。未だ日陰のGood Life館前は雪が溶けず、ツルツルの場所があります。お越しの際は足下にお気をつけ下さいね。
Good Life館の犬達、猫達は無事に皆年を越し新年になりまた一つ歳をとります。
老年メンバーには今年も一年がんばってほしいです。中年メンバー特に私の担当犬に多い年齢ですが、そろそろシニアの域です。目に見えて衰えを感じる一年かもしれませんが、一頭、一頭の日々の変化を見逃さないよう気をつけてあげたいと思います。若手組は、少し大人になってもらいたい(特にうちのわがまま女王様バニーちゃん…)。
そんな、GoodLife館今年のブログは一頭、一頭の日常を書いていきたいと思っております。
b0042056_028486.jpg

# by roukengenki | 2005-01-10 00:13
新年
    2005年 01月 07日
謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年も動物王国をよろしくお願いします。

早くも新しい年になり七日目となりました。この10年北海道の雪国での年明けとなっていましたが、今年は東京です。さてさてどんな年になるのでしょう。わくわくですね。ブログにも新たにGood Lifeメンバー3人も書き込んでくれるので楽しみにしていて下さいね。       
b0042056_0334920.jpg

# by roukengenki | 2005-01-07 01:19
初登場!!!
    2005年 01月 04日
はじめまして。新人の大知、植山、大竹です。
今後このブログにグッドライフにいる老犬のライ、クロP、アニエスの紹介をしていきたいと思います。よろしくお願いします!

# by roukengenki | 2005-01-04 20:22
イベント
    2004年 12月 26日
こんばんは。今日は、先週に続きショッピングモールでのイベントに行って参りました。
今回の私の共犬は、イベントの顔?ラブのグレーン、パグのタラコ、ピレンー犬のピノの3匹でした。
MCをしてもらうはずの石川さんが昨日体調を崩してしまったため急遽、きょうた君の進行で行う事となりました。
先週とは違う場所だったのですが、今回はイベントスペースも広く一日4回のミニイベントもスムーズに進みました。
イベントに行くと王国では見かけない色んな犬種に出会えます。ついつい仕事を忘れて犬もとへ行きたくなります。
小型犬が多い中ピノと同じピレネー犬に会えたのでうれしくてピノを横に連れて行くと王国内ではいつもお客さんに「白いわねー。」言われているピノの毛色が今日は灰色に見えました…。明日シャンプーするぞ…。と、心の中でつぶやきました。ほんとにきれいだったー。
寒い中、4回のミニイベントのどの時間帯にも20〜30人の人だかりができました。そんの中には、王国にも何度も足を運んで下さるパグ好きのYさんご夫婦の姿もありました。先週の南町田にも千葉から駆けつけて下さったのに今回は更に南大沢まで来てくれて寒がっているパグのタラちゃんにサンタさんからの贈り物と言うことで洋服をプレゼントをしてくれたのです。おかげでタラちゃんはホカホカでイベント時間を過ごせました。ありがとうございまーーーす。明日から毎日着せますね。
今回、色んな場所で王国のアピールをしていますが、イベントで王国の犬達をさわってもっと王国の犬と交流を持ちたいと思ってくれればと思います。仰向けになったグレーンやピノがお待ちしておりますので皆さん寒さにも負けず王国にぜひ遊びに来て下さいね。


b0042056_23481754.jpg

# by roukengenki | 2004-12-26 23:47
怪獣!
    2004年 12月 17日
こんばんは。12月15日昨日はバニーの娘達の1歳のBirthe Dayでした。
みんなお祝いしてもらったんだろうなー。
昨年、バニーががんばって産んで育てた5匹の子供達が、みんな無事元気に1歳を迎えられてとても嬉しく思います。おめでとう!!
まるこちゃん、明日香ちゃん、ベリーちゃん、リーフちゃん、アビちゃん。これからの1年も元気でいてね。現在の君たちのママ、バニーは本当に5女の母親だったのかいっ?というぐらいにわがまま女王様道を突っ走っております…。(多分、5女の娘より子供かも…。)
また、バニーママに会いに来て下さい。

さてさて、タラコの子達も大きくなってきました。遊びもどんどん激しくなってきています。
14日は、初めてのワクチン接種日で動物病院に行ってきたのですが、こういう時に性格がよくわかります。四男坊のパスタ君は診察台の上でキュンキュン鳴いているのに次男のキムチ君はしっぽを降っていました。長男君と三男君はシャカシャカと動き回り周りの事は気にしていない様子。唯一の女の子コンブちゃんは、少し緊張ぎみでした。注射をうたれた後も特に変わった様子もなく食欲旺盛。元気にあそびまわっておりました。
しかし、この頃の仔犬達は(特にパグ)怪獣です!うんちおしっこ製造マシーンです。ご飯の後はうんち。寝起きもおしっこ!うんちを取ろうと手を伸ばすとみんな集まって来てうんちを踏みまくる…。パグの仔犬の乳母は今回で6回目となるので、いかにうんちを踏まれないでうまく取るかはかなり極めてきておりますけどね。(笑)
この子達も年内には新しい飼い主さんの元へ旅立って行きます。淋しくなりますが、来年にはチベタンのポニーが出産予定。またまた、パグっ子達とちがった仔犬を見にGood Life館にお越し下さいね。
# by roukengenki | 2004-12-17 01:04
クリスマス
    2004年 12月 09日
いつも、いつもご無沙汰しておりスイマセン…。
12月に入り王国も少しクリスマスカラーとなっております。王国らしくスタッフ皆で手作りのツリーやリースを制作いたしました。Good Life館もかわいらしく彩られています。北海道ではホワイトクリスマスがあじわえましたが、北海道の王国は周辺に民家や街がなくクリスマス当日にクリスマスだったと気づくぐらいでした…。独身ばかり住んでいる浜中母屋のわりにみんな見事に予定がなかったのね…。今年はどうなんだろう?人の心配の前に自分の事なんですけどね…。
 
さてさて、園内を飾っただけでなく、王国スケジュールの中にもクリスマスイベントとして動物達の仮装パレードも行っています。犬も馬も着飾ってとても可愛いのでぜひ、ごらんください。
 クリスマス衣装を買いに行ったとき小型犬の洋服のかわいいこと!ついつい目的を忘れてチベタンのバニーサイズばかりに気が行っていた…。
クリスマスの衣装はなんとかそろえ、それ以外にもGood Lifeの老犬達の衣装も選びました。しかし、犬達の衣装の方がはるかに私の服よりも高価でしたけどね…。
それなりに、Good Lifeのばあちゃん犬にも衣服がいきわたりました。あったかそうな 服を着て青の広場をよてよて歩いている子がいたら、Good Life館の老犬達なので声をかけてあげてくださね。


今回の写真は、沢山のバニーの衣装のうちのひとつを着たサンタバニーです。

b0042056_01183.jpg

# by roukengenki | 2004-12-09 00:02
離乳食
    2004年 11月 22日
ご無沙汰いております。このところ日中、暖かい日がつづいておりとても気持ちがいいです。王国の青の広場で犬達はマイペースなチベタン親子コニーとバニーが日向ぼっこを楽しんでおります。
チベタンといえば、先週の土曜日に王国のドッグランプチでチベタン.スパニエルのオフ会があり総勢20頭近くのチベタンが集まりました。
昨年生まれたバニーの子ども達にも再会できたし、王国出身のチベタンに沢山会えて私は少々興奮気味でした!楽しいオフ会開いてもらい大満足です。遅くなりましたが、遠くから来て頂いた皆さん、チベを集めてくださった皆さん、ありがとうございました。また、こんな機会があればと思っております。

さてさて、パグのタラコの子供達は今日で丁度生後1ヶ月です。目もかなり見えてきて耳もしっかりと聞こえている様子です。ヨチヨチと歩いては兄妹でじゃれ合うようにもなってきました。歯も少し生えてきたようなので昨日から離乳食を始めてみました。毎回の事ながら、パグの子達は離乳食にかなりの興味を示してくれるのですが、食べようという気持ちと身体の動きのバランスがまだとりづらく、頭が重いためいつも顔面からフードの中にダイブしてしまい全身でフードを食べているようです。(笑)もう少ししたらうまく食べてくれるかな?今回の写真はそんな全身で食事を終えたパグたちの写真です。
# by roukengenki | 2004-11-22 21:42
いのち
    2004年 11月 11日
こんばんは。いつもGood Life のブログに沢山の書き込みありがとうございます。沢山の方々に見ていただいているのだから、私ももう少しがんばって書き込みをしなくてはねと反省中…。

園内では、サモエド、パグ、ジャックラッセルと次々に新しい命が生まれています。そんな小さな、小さな命は、毎日お母さんのミルクをごくごく飲みながらどんどん大きくなっていきます。生きるために成長していくためにひたすらミルクを飲み眠る。そんな姿をただ見つめているだけで気持ちが優しくなれるし、この小さな命達より自分はそんなに毎日生きるためにがんばってないよなぁ。なんて、反省する気持ちにもなります。
八日にオオカミ犬のカイが15歳と9ヶ月で亡くなりました。
東京に来てからカイと会う機会がなかなかなかったのですが、北海道で9年間共に過ごした仲間であり王国歴代の顔でもあったカイがいなくなってしまったのは本当に寂しいです。
王国に入る前は動物病院で助手として働いていた経験もあるので、王国に入ってから
も動物たちの緊急事態には多々顔をだしてきました。
北海道では、緊急に獣医さんに行きたくても片道1時間はかかりました。付き添いで車に乗り込むのですが、私にできることといえば酸素を吸わせたり、暖めたり、少しでも苦痛のない状態に身体を支えてあげたりぐらいしかできず、痛み苦しんでいるときなど、痛みが分かっていてもそれをどうすることもできずただ、ただ神頼みしかできない自分の無力さがとても悔しく、悲しく思える時が沢山ありました。
今回のカイの時は獣医さんも近くにありすぐに行くことができ、よかったのですがそれでも助けてあげることができなかったのが、とてもつらいです。
思い出がたくさんある動物たちの最期の姿を看取ってあげることができるのは、とても貴重なことである意味嬉しいことなのですが、あの時こうしてあげればもう少し生きていられたのではとか、後悔の気持ちも出てきてしまいます。最初の頃はそこで落ち込んで停滞してしまっていましたが、何度も経験を重ねていくうちにその悲しみを動物たちにありがとうという感謝の気持ちに変えて、次へと繋いでいけるようがんばれるようになりました。
そんな思いが大きくなって私は東京で老犬介護、看護を中心にやっていこうとGood Life館をつくりました。ここでも他のメンバーよりも沢山、動物たちの体調が悪い時や死に直面すること多くあると思います。その度に悲しくてつらいけどできるだけ最期の最後まで動物たちが幸せだったと思える時をつくってあげていきたいです。

生まれてくる命と亡くなっていく命、同時に感じられて考えさせられることもある動物王国のいいところだと改めておもいました。

カイちゃん。Good Life館の中に退院して来たカイちゃんが過ごせるようにお部屋作っておいたんだけどね…。小さな命達パグっ子達に使わせてもらうね。ブルーやヒースに会えましたか。沢山思い出ありがとう、いつかまた会おうね。おやすみなさい。
# by roukengenki | 2004-11-11 22:38
なまえ
    2004年 11月 07日
こんばんは。パグのタラコの子供達順調に今日もスクスク育っております。
5匹の仔犬のうちブラックの女の子とフォーンの男の子が王国に残る事になりました。東京に来て王国のメンバーとなった若手が担当してくれる事となり、各担当者が早くも名前を決めて、自分たちの元に仔犬が来るのを楽しみにしています。ちなみに担当者がそれぞれつけた名前ですが、メスの名前は『コンブ』ちゃん、オスが『パスタ』くんだそうです。王国ではパグのメスには代々食べ物の名前を付けるという習わし(?)があるので、黒パグだから黒い食べ物のコンブになったみたいです。パスタ君は母犬がタラコタラコと言えばタラコスパゲティー(?)それならパスタ!と、言う感じみたいです。さてさて、この二匹が今後、園内でどんな活躍をしてくれるのか、非常にたのしみです。
b0042056_0535332.jpg

# by roukengenki | 2004-11-07 00:53
スクスク
    2004年 10月 28日
皆さんこんばんは。22日に生まれました5匹のタラコの子達、タラコ母さんのミルクをぐびぐびと飲み順調に育っております。
タラコ母さんは前回も書きましたが、今回の出産が6回目となるベテラン母さんです。子育てにもベテランぶりをはっきしており、3日めにはある程度仔犬達にミルクをミルクをあげて満足させると仔犬達から少し離れ自分の寝やすいようにリラックススタイルでいびきをかきながら熟睡しております。
さて、今まで北海道では私の担当犬の出産は、住居兼仕事場の浜中母屋の自分の部屋で産ませていたので夜も一緒だったのですが、東京に来て車で通勤になったので仔犬達を車に乗せて毎日王国と寮の往復をしています。パグ親子だけなら簡単なのですが、なんせ自分の担当犬タラコ以外7頭も一緒に通っているので車の中はすごい事になっています。移動ミニ動物王国状態です。合計13頭の犬を乗せての移動なので寄り道もできず、家までまっすぐ帰るというとても健全な毎日です。
しかし、今は仔犬達も何百グラムという大きさで段ボール箱に収まっているからいいのですが、この先大きくなるにつれ、どうしていきましょうかね。

※ケリーママさんこんにちは。ピノは東京でも元気に毎日をすごしております。
ケリーママさんのお家のピレちゃんは名前はケリーチャンでしたか?ケリーママさんの家の中で撮った仔犬の頃の写真を見せてもらったのを覚えているのですが、ピレちゃんの名前を思い出せなくて…。
b0042056_147337.jpg

# by roukengenki | 2004-10-28 01:47
出産
    2004年 10月 24日
こんばんは。ご報告遅くなりましたが22日にパグ犬のタラコが無事出産いたしました!5つの小さな、小さな命の誕生です。
タラちゃんは、今回の出産で6回目となるベテラン母さんです。いつも、超がつくほどの安産で5〜6匹の赤ちゃんを1〜2時間でポロポロ産んでいたのですが、今年で七歳になるせいなのか今回のお産は少6時間半とかなり時間がかかりました。
夜中の2時24分に第一次破水があり、第一子目が42分に誕生それから最後の第五子目が誕生したのは朝の8時50分でした。
一子目、二子目とスムーズに出て来てくれたのですが、そこから三子目の子が2時間経っても出てこず、タラちゃんをトイレに出してみたりあるかしてみたりしてようやく陣痛がきて力むのですが、破水だけして胎児が出てくる様子がないので指を入れてみると骨盤の奥に引っかかっていました。このままだと胎児が死んでしまうので必死で、なんとか入る私の二本の指で赤ちゃんの足を引っ張るために30分間格闘していました。
ほとんどその子の命はあきらめていたのですが、その子を出さないと次の赤ちゃんが出て来れないのでタラちゃんとがんばりました。なんとか胎児をひっぱりだし駄目もとでタオルで身体をこすっていると赤ちゃんの口が動き「ピェー」と小さく鳴き声をだしてくれました。
その後4番目、5番目の子は間隔はかなりあきましたがスムーズに出てくれました。
五匹中4匹が男の子で難産の末生まれて来た子が唯一の女の子でした。
お父さん似の黒パグが3匹、母さん似のフォーンが2匹です。
小さいながらも生きるぞ!とがんばっている命を皆さんにも早くみていただきたいのですが、タラコ母さんも少し体力を消耗しているのと、チビの子が100gに満たない未熟児なので、もう少々落ち着くまでは沢山のお客さんに公開するのは待っていただきたいと思っておりますので、もうしばらくはここに貼付けます写真で赤ちゃん達の様子をごらんください。無事5匹の子が育ってくれるようがんばります。

b0042056_243610.jpg
# by roukengenki | 2004-10-24 02:43
Good Life館
    2004年 10月 20日
こんにちは。今回はGood Life館について少々お話したいと思います。
Good Life館とは、通称老犬ハウスと王国メンバーには呼ばれているように館内には推定14歳のMix犬のクロピーを筆頭に13歳のコリー犬ラン、12歳の柴犬アラレ、11歳のウェスティーのライちゃんと老犬達や老ネコが生活しているスペースです。
でも、老犬ハウスだからといって年老いた子達ばかりでなく元気な子達も一緒に生活しているんですよ。

私がGood Life 館を始めたいと思ったのは、一匹の黒ラブローラとの出会いからでした。
昨年、ローラは15歳でこの世を去ったのですが、彼女を介護する毎日の中で私はローラから思い出だけでなく、沢山のものをもらいました。
ローラのことを考えると今でも胸の奥がぎゅっとなって、この文章を書きながらも彼女に会いたくなります。そんな気持ちは、動物を飼っていて亡くされた方々みんなそれぞれに持っていて、去っていった動物たちそれぞれにも飼い主さんに対する気持ちがあったと思います。
ローラとは言葉で話すことができなかったから、彼女が最後にどんな気持ちで去っていったのかは、聞けませんでしたが私と彼女との間だから感じられたローラの気持ちはわかった気がします。彼女が去ってすぐは彼女の人生?(犬生)は幸せだったかの不安でした。私だけが満足していたのでは?なんて考え込んでしまうこともありましたが、王国メンバーが自分の担当犬と幸せそうに遊ぶ姿を見て、「そうか、私がローラといてとても幸せだったのは、ローラも幸せだとお互いが感じていたからなんだ!」とわかった気がしました。
そんな気持ちを動物を飼っている飼い主さんに感じてもらいたいのと、王国の人と動物の絆を感じてもらいたくGood Life館をつくりました。
沢山の人と動物のGood Lifeを聞かせていただきたいですし、王国メンバーに相談等もかまいませんのでGood Life館にぜひおこしくださいね。
人も動物もお互いがGood Lifeを!
# by roukengenki | 2004-10-20 11:03
再会。
    2004年 10月 16日
こんばんは。11日のバニーの誕生日には、沢山の方からのお祝いのメッセージありがとうございました。11日の夜は、ケーキに三本のロウソクを立ててバニーと王国メンバーでささやかなお祝いをいたしました。口の周りに生クリームをいっぱいつけながらバニーはケーキをぱくついておりました。来月の14日には、バニーの娘や親戚、王国出身のチベタンス・パニエル達が王国に集合いたします。沢山のチベスパに会えるのが今から楽しみです。
今日は、一足先にバニーの娘リーフちゃんが王国に遊びにきてくれました。バニーそっくり!可愛いです。先日はゴールデンのモナの娘レイちゃんが来てくれたんです。王国のショップにいるルチルの姉妹でもあるのでモナ、ルチル、レイちゃん三匹感動の(?)対面でした。
東京に来て、私が出産から旅立ちまで関わった可愛い仔犬達が大きくなって会いに来てくれる事がとてもうれしく思いますし、幸せに思います。これからも皆さんよろしくお願いします。

さて、次回からGood LIfe館への思いを書いていきたいと思います。よろしくです。


                               ウエツジ
b0042056_23243349.jpg

# by roukengenki | 2004-10-16 23:24
Good Life館
    2004年 10月 11日
こんにちは。他より少し遅れてスタートしましたGood Life館のページです。
Good Life館では老犬や介護が必要な動物達が元気な犬達と共に生活しています。
これから、その生活ぶりや介護の情報等をこのページでお知らせしていきたいと思います。
人と動物のGood Lifeについて楽しくお話していきましょう。 
                           上辻 えつ子
b0042056_154485.jpg

# by roukengenki | 2004-10-11 01:06